野菜不足サプリメント

野菜不足サプリメントを飲み始めたきっかけについて

野菜不足サプリメントを飲み始めた理由は野菜不足を補うにはどうしたらと思ったからです。。
子どもの頃はよくお母さんに野菜を食べなさい!と怒られたものですが、社会人になって外食が増えて、全然食べていません^^;

 

全然気にしてなかったのですが、最近、ちょっとお腹が出てきたのと、風邪にかかりやすくなった気がしています。

 

運動もしていないし脂っこい物も大好きなのですが、さすがに健康に気をつけようとサプリメントを飲み始めました。よくいわれる一日に必要な野菜摂取量を普通に食べてクリアするのは不可能に近いですから、
サプリメントなどを上手に使って栄養を補いたいですよね。

 

野菜不足サプリメントを飲み始めてから、変わったなと思うのは風邪をひきにくくなったことです。あと、友達の話では顔色とかが良くなったといわれています。

 

このランキングでは、私の野菜不足解消に飲んで試してみたサプリメントなどを紹介しています。
サプリメントは、色々ある中から特に食品添加物が含まれていないものを選んでいます。食品添加物や着色料などは健康に良くないそうですからね。。

 

野菜不足解消にサプリメントを考えている方は参考にしてみてくださいね。

 

 


野菜不足サプリメント人気おすすめランキング。

野菜不足の解消に役立つ、野菜不足を補うサプリメントを価格、成分、安全性などからランキングとして紹介します!

ステラの贅沢青汁サプリ

 

総合的に野菜不足サプリとして一番良いと思うのは、ステラの贅沢青汁サプリです。

 

販売1年で30万袋以上売れて、 お客様の声が、5万人以上から寄せられたという人気商品です。
2013年には、青汁ランキングで1位になりました。

 

ステラの贅沢青汁サプリとは、野菜不足に良い青汁を 凝縮して一粒のサプリメントにしたものです。

 

青汁が野菜不足に良いというのは、みんな知っている話なのですが 美味しくないのが欠点でした。
しかし、ステラの贅沢青汁サプリは、青汁をサプリメントにしているので まずくて続けることができないという事はありません^^
子どもでも、嫌がらないので、子供の野菜不足に悩んでいるお母さんからの支持も高いです!

 

材料は、九州産ケール、福岡産八女クロレラ、与那国産長命草が入っていて 野菜不足も一気に解消できます。

 

17種類のビタミン、7種類のミネラル、18種類のアミノ酸、食物繊維、葉緑素 が入っています。

 

モニターの調査では、3か月以上継続する人が90%以上。 さらに、青汁なので、便秘やむくみ等にも良いような感想が 多く寄せられています。

 

現在、先着300名様限定の特別キャンペーン中なので 気になるなら申し込んでみたらよいと思います。

 

 

公式ページには実際に飲んだ人の口コミが顔写真入りで多数紹介されているので 一度見てみると良いでしょう。

 

300名限定キャンペーン:詳細は公式ページを確認ください。
返金保証:30日間

 

 

 

野菜と酵素 小林製薬


2番目に良いと思う野菜のサプリメントは 小林製薬の野菜と酵素です。

 

野菜と酵素の中には、17種類の野菜と7種類の穀物が 入っています。

 

ポイントは、野菜と酵素を小林製薬が独自に開発した 2段階発酵法で発酵熟成させていることです。

 

このため、今話題の健康成分グルコン産が220倍、 酵素約500倍以上、アミノ酸10倍になっています。 通常の野菜ジュースなどでは補えない酵素が補えるのも このサプリメントの魅力だと思いますよ。

 

製造販売している小林製薬は製薬会社なので、 品質管理も質が高いですし全成分表示などもあり 信頼できると思います。

 

今はキャンペーン中で、初回限定の特別お試し価格で半額になります。 気になる方は早めにチェックしておくと良いと思います。

 

価格:1944円→972円(初回半額特別価格)
送料:無料
使っている野菜:ニンジン、ムラサキイモ、タマネギ、カボチャ キャベツ、ウコン、トマト、ニンニク、モロヘイヤ、大麦若葉、ケール ほうれん草、ブロッコリー赤キャベツ、パセリ、ショウガセロリ

 

 

 

カゴメ 毎日飲む野菜


カゴメの「毎日飲む野菜」も野菜不足 解消には良いと思います。

 

1998年の発売以来、売り上げが1億8000万本という大人気商品です。

 

サプリメントではなく、野菜ジュースなので、朝食代わりやおやつ代わりになりますし、気軽に野菜が摂ることができます。 また、食物繊維も含まれているというのが、サプリメントとは異なる ジュースの魅力だと思います。

 

カゴメといえば、一般的にも有名な会社ですが、この「毎日飲む野菜」は ネット通販限定で販売されている特別な野菜ジュースです。 健康と美容に良いとされる8種類の野菜を厳選して配合しています。

 

●入っている野菜
トマト:リコピン
にんじん:β-カロテン
赤ピーマン:カプサイシン
パセリ:β−カロテン、鉄分
かぼちゃ:β-カロテン
ホウレンソウ:βカロテン、食物繊維
ブロッコリースプラウト:発芽時の健康成分が話題

 

野菜はすべてカゴメ独自の基準でチェックされていて安全性も高いです。
特に、トマトは、通常の生食用トマトの“約3倍”の量を含む高リコピントマトを使用されています。

 

食塩、砂糖、着色料、保存料など無添加の野菜ジュースで野菜の習慣をはじめてみると良いと思いますよ。

 

価格
・160g×30本(1ケース):6300円
・一度に2ケースの注文で1ケースあたり5040円

 

 

ユーグレナ・ファームの緑汁(みどりじる)


野菜不足と同時に肉・魚などの栄養素も一度に補えるのは、ユーグレナ・ファームの緑汁(みどりじる)です。

ビタミン・ミネラル、アミノ酸、DHA、EPAなど59種類の栄養素を一気にとれる優れもので 報道STATIONやめざましテレビなどの、テレビや雑誌などに最近大きく取り上げられています。

 

☆マスコミ掲載情報☆
テレビ:報道ステーション、やじうまテレビ、王様のブランチ、めざましテレビ他。
雑誌:読売新聞、東京新聞、日本経済新聞

 

ユーグレナって何?という感じですが、日本の名前でミドリムシです。
ミドリムシといっても、虫ではなく、昆布やワカメなどと同じ藻類です。
植物と動物の間くらいの藻類なので、野菜と肉と魚の性質をもちとても豊富な栄養を持つそうです。

 

最近、マスコミなどにも取り上げられて知名度が上がってきているのですが、
やはり「ミドリムシ」という名前が虫を連想するのでちょっとイメージは悪いみたいですが、
大手のスーパーやコンビニ、メーカーでもコラボ商品が多数販売され市民権は得ている感じですね。

 

元々は、東京大学の大学院を出た方が研究されて最近食用に大量生産されるようになり爆発的に売れています。 パラミロンという物質も入っておりダイエットにも良いです。

 

このユーグレナに、青汁で使われる大麦若葉と明日葉を加えてさらにミネラルと 食物繊維を強化しているのが、ユーグレナ・ファームの緑汁です。

 

今なら、初回限定のトライアルセットが1週間分入って特別価格の980円とかなりお得です。

 

青汁のように粉末を液体に溶かして飲む手間がかかるため3位にしていますが、 その手間が気にならない方は、肉・魚・野菜の栄養素が一度に補えるので一度試してみると良いでしょう。

 

価格:特別価格980円(送料無料、先着1000名にプレゼント、他クーポンなど特典あり)

 

 

 

 

野菜不足サプリと現代人

 

現代人は野菜の摂取量が減っていると言われています。 野菜が足りない生活習慣になると栄養のバランスが崩れ、便秘になってしまったり、ひどい肌荒れを起こしてしまうことがよくありますので積極的に緑黄色野菜を摂取することをおすすめします。普段の食事に野菜サラダや野菜スープなどを足すだけでよいですからね。

 

体が野菜不足になってしまうと、ビタミン・ミネラルが圧倒的に足りなくなってしまい、 肌にブツブツとニキビができてしまうことがよくあります。

 

野菜には食物繊維が多く含まれていますので、それが足りなくなってしまうことにより、便秘になってしまい、そこから肌荒れにつながってしまうということもあるのです。 便秘になってしまうことで、体調が悪くなってしまったり、腹痛に悩まされてしまうということもあります。

 

便秘薬で出してしまうという人もいますが、野菜不足が原因なので、食生活を根本的に改善していかないとずっと便秘薬に頼らなくてはならなくなってしまいます。 野菜不足が原因で起きてしまった肌荒れは薬を塗っただけでは治りが遅いのです。 肌の再生に必要なビタミン・ミネラル類をしっかりと野菜から摂取することで、キレイな肌を取り戻すことができるのです。

 

野菜不足になってしまうと体が疲れやすくなってしまったり、イライラしてしまうなど体にも心にも影響が出てしまう場合もあるので注意が必要です。

 

その点サプリメントや青汁は手軽に野菜不足を補う事ができるので良いと思います。

 

 

野菜不足サプリメントではなく、野菜を調理して食べる方法

 

私はもともと肉中心の食生活を送っていました。 しかし今では、野菜メインに変っています。きっかけは便秘でした。 30代で仕事を替えたときに、その精神的ストレスもあったのでしょう、生活習慣からひどい便秘症になってしまったのです。 普段野菜サラダすら食べることがなかったので、生野菜が足りないと思いました。 その時、「明らかに自分は野菜不足だ」と自覚しました。 それで一念発起、肉はできるだけ控え、とにかく野菜をたくさん食べるよう心がけるようにしたのです。 いわば食生活革命。

 

「生野菜は体を冷やしてしまうし、たくさん取ることができない」とよく耳にします。 そこで、加熱して摂るようにしました。 情報もいろいろ集め、自分なりの工夫もしました。 その結果、3つの方法にたどり着いたのです。

 

まずは「蒸す」。 野菜の栄養素のビタミンCやミネラルなどは水溶性のものが多いので、茹でると茹で汁の中に溶け出してしまいます。 「一番いいのは蒸すこと」と聞いて、温野菜を作ることにしたのです。 ディップを工夫すると、毎日どれだけたくさんたべても飽きるということはありません。

 

 

次が「干す」。 干すと野菜は小さくなりますので、それだけ多くの栄養素を摂取できるというわけです。 また、うまみが増すというメリットもあります。
その2つの調理方法に、自家製ジュースと野菜スムージーを加えました。 市販のジュースだと、多くの場合、食物繊維が不足すると知ったからです。 慣れないうちは、特に忙しい朝は「めんどう」と感じました。 けれど、習慣になってしまえば、どうということもありません。 野菜嫌いは万病のもと。 3つの方法で、今では野菜三昧の食生活を送っています。

 

 

野菜不足解消サプリと酵素サプリ

 

外食が多いと必然的に野菜不足になります。
バイキング形式のレストランで野菜をたくさん摂取したり、鍋料理で野菜が多いなどの他は、肉や魚、卵などのタンパク質とごはん、いも等の炭水化物が多めで野菜は少ないメニューがほとんどです。
タンパク質と炭水化物はお腹がいっぱいになりやすいので、外食のメニューでは満腹感がありお得に感じるものがほとんどなのです。
野菜不足が続くとビタミン、ミネラル、食物繊維が不足し、体調不良の原因になります。ビタミンミネラルは身体の調子を整える大切な栄養分で、食物繊維は腸内環境を整える栄養分です。
外食が多い人向けに、野菜不足を解消するためのサプリが多くあります。
栄養素そのままのビタミンやミネラルのサプリを摂取する方法もありますが、最近人気なのは葉野菜を粉末状にした青汁や、野菜や果実を熟成発酵させた酵素サプリなどがあります。
サプリというよりも、健康食品と言えるものです。
青汁は主に葉野菜が原材料ですが、酵素サプリは商品によって原材料の種類と数が違いますが、多種類の野菜や果実、穀物、海草を使用しています。
発酵食品なので胃腸に負担をかけずに、豊富な自然の恵みを効率的に摂取することができると人気です。